頑張ろう!東北!

「今できること」と「処分品」

東北地方太平洋沖地震

電車や計画停電のため4日間家に居ます。

普通ならここぞとばかりに作業をするのですが
日が経てば経つほど痛みで動けなくなる。

テレビの前から離れられずに涙ばかりが出る。

こちら東京(の片隅)はあさましいもので
コンビニやスーパーから缶詰やお米が無くなっています。

私も念のため・・・と思いスーパーに行ったものの
お米を10袋も車に詰め込んで笑って喜んでいる家族の顔を見た途端・・・なんだか開いた口が塞がらないというか
正直「イチ抜けた・・・」と思い手ぶらで帰りました。

何も手に付かずそんなこんなの3日間を過ごしている中で
4日目にようやく腰を上げる事ができました。

今から書く事はこのブログを見てくださっている方にも関わりのある事です。

旧借家改装の日々(http://calynn.cawori.com)にて引っ越し前に
「処分品お譲りします」をやりました。
http://calynn.cawori.com/?cid=43791

沢山の「ほし~~~」というコメントを頂き全て引き取り先が決まりました。

実はその中に宮城の方が居たんです。

住所を確認したら港の近くで被災に遭われておられます。

メールでは

このブログを見ながら家の改装を頑張ってる事

素人で何処まで出来るか分からないけれど今度ウッドデッキを作りたいと思っている事

そんな事が楽しそうに書かれております。

私達と同じように家が大好きで家に愛を注いでいた。

その愛したものがこんなに一瞬で無くなってしまった方が近くにおられます。

彼女に送るはずだった処分品とメールを何度も読み直しながら

「彼女と繋がっているこのブログができること」

を私なりに考えました。

考えた割に
やはり義援金という形しかありません。

「彼女と繋がっているこのブログができること」

それは日記のタイトルにある通り「処分品」です。

なんというか、
多分私の中での「きっかけ」や「背中を押す理由」なんだと思います。

とっても勝手な「理由」は事後報告になりますが以下の通りです。

皆さまにお送りする処分品は変わらず着払いで送らさせていただきます。

その御負担して頂く送料を先にこちらでざっと見積もり
わずかではありますが彼と私の心ばかりを足して

「MyHouse を観てくださっている皆様」からとして

先ほど義援金として「Yahoo募金」に募金させて頂きました。

本当に勝手で一方的ではありますが、
この場を借りてお礼申し上げます。

どうか、この処分品がお手元に届き送料をお支払いになった際は
この事を思い出してやってください。

被災に遭われた方の義援金として
どうかお支払いくださると嬉しいです。

時間はかかるかもしれないけれど
きっとまたコメントを下さると思います。

どうやったら住みやすくなるか「うちが一番!」同士
きっとまたお話ができると思います。

彼女が「ほし~~」と言ってくださった棚は
何年でも保管しようと思います。

被災に遭われた方々に一日も早くそんな日が来ますように

これ以上何も悲しい事が起こりませんように

ただただそればかりです。

この様な経過をたどり
後回しにしてきた処分品の梱包を完了し
やっとブログに向えています。

食事を摂るたびに、
温水でお皿を洗うたびに、
洗濯をするたびに、
お風呂に入るたびに

「こんな事してていいのか・・・」と体が固まりましたが

目的を持って一生懸命梱包しているうちに、
少し体の感覚が戻って来たような気がします。

軽薄かもしれないけれど

涙の数だけ義援金!
同情するなら義援金!
私は私で省エネひきこもり改装生活!

そう思えました。

本当に僅かなことしかできないけれど

きっと誰かの元に毛布1枚くらいは余分に届くはず。

復興の際の木材が1本くらい余分に届くはず。

うん、きっと届く。

引き続き
未来記事として書き貯めていた記事の更新を再開いたします。

あと、処分品の配送時期ですが
ガソリン不足や計画停電など色々と混乱し不足している時期なので
もう少し様子をみさせて頂きたいです。

何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

コメント

  1. パグミ より:

    かおりん ありがとう
    自分が思っている ぶつけようのない思いを(こんなに普通の生活を今していていいのか…という、ただTVの前から離れられず、何もする気になれない) 代弁してくれてありがとう。 少しでも 共感協力ができているかもしれないことに 感謝します。本当に本当にありがとう。

  2. Sakauchi より:

    はじめまして。
    今まで読ませて頂く一方でしたが、ご挨拶したいと思いました。今度のことは日本中が胸を痛め、傷ついた気持ちであると思います。私は埼玉住まいで無傷ですが、やはり何をしていても被災地へと心が向かいます。私たちにできることは節電と募金と冷静になること。普通に働いて買い物をすることで、経済を支え、支援や復興を支えるしかありません。停電や余震などありますが、日本人らしい思いやりの気持ち、もったいないや有難いの気持ちを今こそ発揮したいものですね。
    買占めの行動は被災地への物資支援の面から見ても良いとは言えないようですし、calynnさんには非常に不謹慎で自分勝手に感じられたのかもしれませんが、子供の多い家族などは仕方ないと思います。私も子供には笑って普通の暮らしをしてほしいと願っていますから。いつも以上に子供を守らなくちゃいけないと言う気持ちが強いのです。
    calynnさんもぜひ、こちらを読んでみてください。同じ日本人をもっと信じてみてください。
    http://news.livedoor.com/article/detail/5410078/?PHPSESSID=357af363d0638c6e86392c8a5d2e30b4

  3. 買いだめ買い占めには閉口しますね。
    ただウチも月に30kgの米を消費します。
    地震前に偶然10kg買ってたので今は大丈夫ですが
    コレがなくなったら買えるだろうか?と不安です。
    でも買いだめはしませんよ。

    ブログにツイッターから拾った拡散希望の記事を載せました。
    ニュースを見るたび心が引き裂かれそうな思いですが
    まず自分が出来ることをやろうと思いました。
    何もしないと悶々としちゃうのでそのエネルギーで
    薪割りを勧めております^^;

  4. あたらし より:

    こんばんは、そちらも揺れたでしょうが、ご無事で何よりです。
    この記事を読みまして又、涙してしましました。
    処分品の件は、ウチは大丈夫です、落ち着くまで待ちます。
    宮城の方は、ご無事だったんでしょうか?
    私も、今日、義援金を送りました、節電も心がけています。
    私の住む埼玉では、学校が崩れたりはしましたが、いたって平穏です。
    ただ息子の恐怖心はぬぐえません。母は笑顔で頑張っています。
    また、楽しい改装ブログ待ってます。

  5. cawori より:

    >ぱぐぱぐ

    うん、がんばろう。
    泣いても
    肩は落とさず顔を覆わず
    植物に水をやったり雪かきしたり洗濯したり掃除したりしよう!
    わんこと散歩いけ~~~っぱぐ~~~!!!

  6. cawori より:

    >Sakauchiさん

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    そうですね、私達は大人二人だけなのでどうにでもなるんだと思います。なので買い溜めをしなくても平気でいられるのかもしれません。
    経済の最小単位は「家族」です。「家族」が元気で健康ならば経済もそして被災された東北も元気になるんだと私も思います。がんばりましょう。また宜しくお願い致します。

  7. cawori より:

    >かっちゃん@神奈川

    薪割り賛成!! 節電につながるしすっごく羨ましい!!
    彼と「薪ストーブいいよねぇ~」とオール電化故の弱さを噛みしめながら話しています。

  8. cawori より:

    >あたらし堂さん

    「ご返信はずっとずっと後回しで構いません。ご無事をどうかお知らせください」というメールを慌てて送らさせて頂きました。…気長に待ちます。一緒に待ってくださると心強いです。

    子供は大人よりも頭で理解しない分、体や無意識下で痛みや恐怖を記憶してしまうのでしょうね。
    子供の元気は母ちゃんから!
    がんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました