彼女部屋

彼女部屋 とりあえずの片付け3

震災のひどさを目の当たりにして体が動かなくなってからの記事にやっとたどり着きました。


震災後、処分品の梱包をして
次に私がやった事は 


こちらの中央、窓の下部分です。







取り出したのは

古い足踏みミシンのサイド引き出しのパーツ。





良い味を出してくれています。


これを両はじに置いて





古い板をのっけて






窓際のチェストができました。



下の収納部分が気になりますね。


もちろん隠しますよ!

それは次回更新







ちなみに節電がはじまった我が家


計画停電以外の必要時以外はほぼこの状態です。



TVの明かりでご飯を食べたりしています(笑)



もともと間接照明の薄暗い中で生活するのが落ち着く二人なので
あまり違和感なし(笑)

…ただ、今までは一回付けたら「付けっぱなし」気味だったので

この計画停電と節電を機に

我が家のその悪習もなくなると思います。


それはとても良いことだなぁと

誰の為というよりも我が家の為に

「よいチャンスをもらった」と感謝したりしています。




しかしあれですね

節電する前の写真を見ると懐かしい(笑)

何の疑問もなく煌々と明かりを付けていた時間が懐かしい。




「懐かしい」と感じる分
被災にあっている方々の痛みを思います。

ガソリン、灯油、電気、水道、大切な人

絶えてしまった色々な道が早く繋がりますように。



ぐうたらで自己中な私にできること


・寒いとか下らない文句をうだうだ言わないこと。

・物事を動かせる人の助力となること。

・全ては誰かの為ではなく私の為に行うこと。

・「奪う者」に決してならないこと。

・忘れないこと。



=============================

東北地方太平洋沖地震の復興に必要な費用を
日本の就労者一人当たりに計算すると9万円だと聞きました。

このブログと共に私も小さい所から頑張ります。

http://blog.calyn-house.com/?eid=374

頑張りましょう。


今日は900円

コメント

  1. nana より:

    このミシンの引き出し素敵ー(☆・☆)!
    板はもうそのまんまですよね?
    何も塗らない方が絶対いい味出ててますよ!!←必死。笑

    彼女部屋進んでますね~
    彼の部屋もどうなったかな・・なんて少し気にしながらまた楽しみにしてます。
    悩んだ後はきっと良いアイデアが浮かんでるような(*^^*)

    前の家ではそこまで感じなかったんですが、新築の真っ白な壁の前に立つと家具が凄い重厚感。
    彼女部屋のオレンジのランプも、キッチュな雰囲気を抑えながらシッカリ主張!みたいなあのレトロ感がたまらなく好きです。
    焦げ茶にオレンジ飛ばすことって初めから考えてました?
    あの飴玉みたいなオレンジの時計と卓上ランプとのコンビは鼻血ものでした。
    ぶら下げたり、卓上にしたり、今度はまた、、シーリングは彼が?あそこまで色々出来たら改造楽しいのにな~

    私は相変わらず持ち込んだ真っ白いオープンラックに泣きそうになりながら(笑)そうにかノスタルジックに・・もうこの時点でとてもかなり無理があるのですが、、

    家具ってなかなかダメにならないから凄っい!ことでもしない限りあのままですね。最近、大正ロマンギンギンの赤いランプと黒いアイアンの扇風機が入ってきてまたゴッチャになってます(笑)
    でも何でもやってみて失敗した今の方がなんとな~く気持ちが良いもんですね♪

  2. cawori より:

    >nanaさん

    板は「ラワン」という材質の古材です。堅くて重くてざらざらしています。恐らく無垢・・・かちょっとだけステインを塗ったかもしれません。

    彼部屋は全く進んでいません(笑)
    気にしてくれている方も多いみたいなので
    進んでいないっぷりもアップしようかなぁ・・・。

    シーリング・・・というか
    コードをぐるぐるしているだけですよーっ(笑)

    色はお店などで一目ぼれしたのもを集めた結果・・・ですw
    赤や朱やオレンジが好きなのでどうしても集まってしまうのです。
    だから逆に緑や青の小物を意識して買ったりしますw

    白いオープンラック・・・ですか
    うーーーん
    レトロな布を張る!(しかも両面テープでw)
    もしくは頑張ってヤスリかけて塗装?・・・大正ロマンギンギンの赤いランプと黒いアイアンの扇風機!!超素敵そうなのでぜひ絶対位置に配置してあげてください!

タイトルとURLをコピーしました